プリウスα(7人乗り)の内装は後部座席や荷室に注目!?
下取りに一括査定サイトは鉄板です

まず最初にあなたに伝えておきたいことがあります。それは・・・

下取りは一括査定サイト!!

まずはこれに尽きます!

例えば、ディーラーに頼んで下取り金額が30万円となったとしましょう。

これを買取業者に頼むと、
何と80万円になる
こともあるんです。

さらに一括査定サイトを使うと、この下取り価格がさらに高くなります。

それは
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるから

です。

そうなると結果的にさらに値段が吊り上るというわけです!!

プリウスαの内装について7人乗りをメインに紹介します。

言うまでもなく、プリウスαはプリウスの第二世代型のモデルです。

トヨタのハイブリッド車といえばプリウス!
といわれるほど、プリウスには安定した人気がありますよね。

しかし、残念ながらプリウスはセダンタイプの設計になっています。

そのため、ファミリーでの使用やたくさんの荷物を積み込みしたいという方には、少し窮屈な印象があるんですよね。

一方のプリウスαは、ワゴンタイプの車です。

ですので、プリウスαはプリウスと比較すると車内空間やラゲージスペースが大きい設計になっています。

今回はそんなプリウスαの内装について紹介していきますね!


スポンサーリンク

プリウスα 7人乗りと5人乗りで内装が違う部分は?

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

プリウスα(7人乗り)は、最大で

  • 運転席に1人
  • 助手席に1人
  • セカンドシートに3人
  • サードシートに2人

と合計7人が乗車できます。

セダンタイプの高級感のあるかっこいいエクステリアなのに7人乗りが実現できるというわけです!

またプリウスα7人乗りは、サードシートを倒してフルフラットにすれば大きな荷物を入れることもできます。

つまり、荷室の収納力も抜群です。

乗車する人数と荷物の量によってシートを柔軟にアレンジすることができる拡張性の高さはまさにプリウスα 7人乗りならではの魅力です。

ちなみにプリウスαには7人乗りの他にも5人乗りがあります。

プリウスαの7人乗りと5人乗りとでは、実は内装はほとんど同じ仕様です。

例えば、シート表皮はどちらもブラックとグレージュの2色の用意となっています。

こちらがグレージュです。

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

何となくリラックス感があって、ファミリー層にはお薦めです。

一方ブラックはこちらです。

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

先程のグレージュとは違い、こちらはどちらかと言えば高級感が漂っています。

車好きにはたまらないですよね!

こんな感じでプリウスαの内装は評価は非常に高いのは言うまでもありません。

ところで、先程プリウスαの5人乗りと7人乗りとでは内装はほとんど変わらないと紹介しましたよね。

ところが実は少しだけ決定的に違うところがあるんです!

それが

  • バッテリーの種類
  • バッテリーの搭載位置

です。

5人乗りのプリウスαではバッテリーは2列目の後ろに搭載されています。

具体的には、

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

こちらですね。

ちなみにバッテリーはニッケル水素電池を使っています。

一方、7人乗りのプリウスαではバッテリーがあるのは一列目の中央部分です。

具体的には

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

こちらになります。

ちなみに使っている電池もニッケル水素電池ではなく、それより少し小型のリチウムイオン電池です。

実はこのバッテリーの搭載位置の違いで5人乗りと7人乗りでは内装に微妙な違いが生じています。

ここではプリウスα 7人乗りタイプにフォーカスを当てて内装を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

プリウスα(7人乗り)の後部座席と荷室のここに注目!

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

実はプリウスαの7人乗りと5人乗りの内装とでは「後部座席のデザイン」が異なります。

最初に紹介したとおり、プリウスα7人乗りにはサードシートが搭載されています。

そしてそのサードシートには、なんとデッキサイドドリンクホルダーがついているんですよね!

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

実際にはこんな感じです。

これは本当に嬉しいですよね!

そして、5人乗りとのもう一つの違いが荷室容量です。

まずは、5人乗りのプリウスαの搭載容量から紹介します。

セカンドシートを倒さないでそのまま使用する場合は容量は535Lほどとなっています。

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

※ちなみに荷室のスペースは最大幅1580mm、荷室長985mmです。

セカンドシートを倒してフルフラットにすると荷室容量は1070Lになります。

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

見るからにかなりの広さですよね!

ここまで来ると社用車として営業道具を載せこむという使い方もアリかもしれませんよね。

さて、これが7人乗りになるとちょっと容量が変わります。

まずは3列シートを全て倒さずそのままにした場合だと容量は200Lになります。

さすがにこの状態だと荷物をたくさん載せる、というのは無理がありますね(汗)。

さて、次にサードシート、セカンドシートを順番に倒していくと…、

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

気が付きましたか?

実は7人乗りのプリウスαは5人乗りに比べると少しだけ容量が小さいんですよね。

一見すると荷室サイズはそれほど変わらないのですが、5人乗りのタイプは床下の収納が大きいという特徴があります。

なので、荷物を積む、という部分に特化すると実はプリウスα(5人乗り)のほうがちょっとだけ優位ではあるんですよね…。

スポンサーリンク

プリウスα(7人乗り)の内装で他にも気になる部分は?

せっかくなので後部座席以外でもプリウスαの内容が7人乗りと5人乗りで異なっているところを紹介しましょう。

実はセンターコンソールも7人乗りと5人乗りでちょっとだけ違っています。

これは先程紹介したバッテリーの搭載位置が大きく関係しているんですよね。

アームレスト付きコンソールボックス

実はプリウスαの5人乗りと7人乗りとでは、運転手と助手席の間のアームレスト付きコンソールボックスが違います。

まずは5人乗りのプリウスαですが、コンソールボックスの前後に2つずつドリンクホルダーがついています。

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

ボックスはかなり深い構造になっていて、トレイもついていて収納部分が区分けされています。

ですので大きいものから小さいものまで収納でき、結構重宝しそうですよね。

一方、7人乗りのプリウスαのコンソールボックスはこちらです。

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

一方でプリウスα7人乗りのコンソールボックスは、コンソールボックス前後に一つずつのドリンクホルダーがついている形になっています。

こちらは5人乗りに比べるとボックスが浅めの構造になっています。

②フロントコンソールトレイ

フロントコンソールトレイについてもプリウスαの5人乗りと7人乗りとでは違いがあります。

まず5人乗りのプリウスαのコンソールトレイですが、

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

こんな感じでボックスティッシュや小さなゴミ箱も入るような広さです。

一方の7人乗りのプリウスαのコンソールトレイですが、

かろうじてスマホや鍵を置ける程度のスペース、ということになりますかね。

やはり7人乗りのプリウスαのセンターコンソールはバッテリーの位置が大きく影響してしまっている、ということになるでしょうか。

プリウスα(7人乗り)の評判は?口コミ情報を集計!

ここでせっかくなので、プリウスαの評判について確認してみましょう!

https://twitter.com/Adhara1234/status/808193517302362112

口コミサイトなどでプリウスαの評価を見てみると、プリウスαは現在市販されているエコカーではトップクラスの評価を得ています。

エクステリアのかっこよさに関する評価はもちろんのこと、

上り坂ですらエンジン音がほぼ聞こえない

本当に滑らかに走る!

後部座席の振動が少ない。特に2列目の乗り心地が本当にいい。

燃費がものすごくいい

といったように、プリウスα7人乗りも5人乗りのどちらも、運転時の快適性を中心に高い評価になっています。

またプリウスα7人乗りに関しては、やはりいざというときに7人まで乗車することができるという柔軟性に高い評価がついています。

プリウスα(7人乗り)の内装のまとめ


プリウスαはプリウスと同じく、高級感のある素敵な内装になっています。

特にプリウスα7人乗りは、座席を増やし最大7人まで乗車するだけでなく、スタイリッシュで車高の低いかっこいい外観を実現しています。

その為、荷室や運転席回りのコンソール当たりの収納は若干削減されてしまっています。

しかし、それでもプリウスαは十分すぎる収納を確保できています。

何よりもサードシートを倒せば大型の荷物を搭載できるため、乗車人数に柔軟性を持たせたい人にはお薦めの車です。

ところで今回は7人乗りのプリウスαをメインに紹介しましたが、これにはちょっとした理由があります。

それはプリウスαの7人乗りは色々な人と買い物やアウトドア、遊びに行ったりと幅広い目的で使用できるからです。

普段はサードシートをたたんでおいて、買い物をした荷物を載せこみ、旅行などで大人数で移動する場合はサードシートを使用する

こういった使用シーンに合わせて、柔軟性のある使い方ができるところがとても魅力的ですよね!

以上、プリウスα(7人乗り)の内装についてでした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

プリウスαが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

プリウスαが欲しい!!
こう思っている人って結構多いですよね。

でも、
「欲しいけど予算が…」
「値引き交渉が超面倒…」
「ディーラー一箇所で決めたい…」
「とにかく最安値でゲットしたい…」
「車種をじっくり見る時間がない…」
「ディーラーの売り込み超うざい…」
など、

プリウスαはハードル高すぎ…

と悩んでいる方は結構いませんか?

かといって、プリウスαのことを家族や友人に相談しても分かってくれません。

指定されるのは別の車・・・。

あなたは何度もこう思ったことがあるのではないでしょうか?

なんで誰も分かってくれないだよっ!!(怒)

そんなあなたに今回はオススメの裏ワザを紹介したいと思います!

下取りに一括査定サイトは鉄板です

まず最初にあなたに伝えておきたいことがあります。それは・・・

下取りは一括査定サイト!!

まずはこれに尽きます!

例えば、ディーラーに頼んで下取り金額が30万円となったとしましょう。

これを買取業者に頼むと、
何と80万円になる
こともあるんです。

さらに一括査定サイトを使うと、この下取り価格がさらに高くなります。

それは
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるから

です。

そうなると結果的にさらに値段が吊り上るというわけです!!