下取りに一括査定サイトは鉄板です

まず最初にあなたに伝えておきたいことがあります。それは・・・

下取りは一括査定サイト!!

まずはこれに尽きます!

例えば、ディーラーに頼んで下取り金額が30万円となったとしましょう。

これを買取業者に頼むと、
何と80万円になる
こともあるんです。

さらに一括査定サイトを使うと、この下取り価格がさらに高くなります。

それは
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるから

です。

そうなると結果的にさらに値段が吊り上るというわけです!!

ハイブリッド車ならではの低燃費性能と高い実用性が自慢のプリウスα。

プリウスαは

  • ラゲッジスペースの広い5人乗り2列シート仕様
  • 最大7名が乗車できる3列シート仕様の設定

といったようにユーザーの用途にあったモデルが幅広くラインナップされているファミリーカーです。

今回はそんなプリウスαの中古車を購入したいと考えている人に向けて、プリウスαの中古車の選び方や価格帯別の狙い目を解説していきます!


スポンサーリンク

低燃費で実用性の高いプリウスαは中古の選び方も迷う!?

引用:https://toyota.jp/priusalpha/

国民的大衆車となったトヨタ・プリウスの派生モデルであるプリウスα。

もちろん人気があるのはプリウスの方です。

ただし、ファミリーカーとしての実用性の高さにおいては、プリウスαの方が大きく上回っています。

プリウスαで特に注目したいのは、

  • 広大なラゲッジスペースを誇る2列シート仕様モデル
  • 最大7名が乗車可能な3列シート仕様モデル

を選択できるということです。

それだけにプリウスαの中古車を買う際に正直に迷ってしまいますよね…。

「プリウス」なのに最大7人が乗れるモデルはかなりオススメです。

ただし、その一方で5人乗りモデルもかなり捨てがたいものがあるんですよね。

スポンサーリンク

プリウスαの中古車の選び方の3+1ポイントは?

実はプリウスαを中古で購入する際に絶対に押さえておくべき3つのポイントがあります。

それを踏まえたうえでプリウスαの中古車選びをすれば、購入したあとに失敗する可能性はグッとと低くなるはずです!

また、合わせてここではおまけで+1ポイントの解説もしていきたいと思います!

年式はできるだけ新しいモデルを選ぶ

これはプリウスαに限らず、中古車を購入するときの鉄則ともいえるポイントです。

プリウスαの中古車を購入するのであれば、できるだけ年式の新しい車両を購入すべきです。

プリウスαは発売からすでに7年が経過しています。

その間プリウスαはフルモデルチェンジを1回も行っていません。

ですので、年式が古い車両でも、外観や内装のデザインや装備などにそう大きな違いはありません。

とは言っても、年式が古い車両はエンジンやハイブリッドシステムなど、走行に大きく関係する部分が経年劣化している可能性は高いです。

中古車の悩みどころは前のオーナーがどんな用途で、どんな乗り方をしていたのかがわからないということです。

もちろん、中古車ショップの店員さんが親切に教えてくれることもあります。

ただし、店員さんはあまり都合の悪いことは言えないのが正直なところですよね…。

それだけに購入の候補に挙がった車両があれば、ダメなところがないかきちんとチェックすることが大切です。

とはいえ、中古車というのは実際に乗り始めてみないことにはわからない点も多いです。

購入してから後悔したくないあなたは、できるだけ高年式のプリウスαを選ぶのが無難です。

やはり、少しでも故障や不具合のリスクを減らしたいですよね!

修復歴のある車両は避ける

年式の次にチェックをしておきたいのが修復歴の有無です。

これは必ずチェックしておきましょう。

修復歴のある中古車は、過去に大きな事故や災害によって、車を構成する重要な骨格部位が損傷しています。

必ずしも重大なダメージを受けているとは限りませんが、小さな事故で骨格部位が損傷するようなことはなかなかありません。

中古車選びをするといくつか候補のプリウスαが見つかるかと思います。

もし、その中に修復歴がある車両があった場合は避けた方が無難です。

実は側面から衝突されてドアパネルを丸ごと交換したというような一見すると大事故に見える修理でも、車の骨格部位に損傷がなければ修復歴はつきません。

このような車両は過去に事故を起こした車であるという証明がないのでちょっと厄介です。

しかし、少なくとも車の骨格部位には影響がない事故だったということの裏返しでもあるんですよね。

とはいえ修復歴のあるプリウスαは通常のプリウスαより安く入手できるという意味では魅力的ではあります。

どうしても修復歴があるプリウスαを購入したい場合は、中古車ショップの店員さんにどのような部位をどのような事故で損傷したのか、事細かく尋ねるべきです。

とはいっても、中古車ショップの店員が事実を話すとは限りません。

ですので、あくまで以前から付き合いがあって信頼できるショップ以外では修復歴のあるプリウスαを購入するのは避けたほうがよいでしょう。

ディーラー認定の中古車を選ぶ

実は中古のプリウスαを購入するのに一番安全確実な方法があります。

それがディーラー認定の中古車です。

ディーラー認定の中古車ではプロの検査員がチェックした車両検査証明書を発行しています。

プリウスαの状態を正しく評価しているので、車に詳しくない方でも車の状態がわかりやすいんですよね。

また、車内全体を洗剤でまるごとクリーニングしています。

前のオーナーの使った跡が残っているから中古車はちょっと苦手…
という人にも、安心してオススメができます。

ちなみにトヨタのディーラー認定の中古車は「T-Value」です。

実はこの「T-Value」には何とU-car ハイブリッド保証も付いています!

U-Carハイブリッド保証とは期間内であればハイブリッドシステムを無償で修理してくれる、というサービスです。

中古のハイブリッドカーを購入するときにネックとなるのが「ハイブリッドシステム」です。

それを無償で修理してくれるの、というのはかなり嬉しいですよね!

おまけ:プリウスαの中古車の走行距離はそれほど気にしなくてもいい!?

さて、ここまでがプリウスαの中古車を選ぶ3つのポイントでした。

ここで一点おまけとなる+1ポイントを補足したいと思います。

それが「走行距離」です。

一般的に、中古車選びで大切なのは走行距離だと言われています。

走行距離が長い分だけ、その車は使われ続けていたということになります。

ですので、走行距離は状態の良い車両を選ぶための目安になるポイントです。

ただし、プリウスαの中古車という意味では実は
走行距離はそれほど気にするポイントではない
んですよね。

もちろん、走行距離が短ければそれに越したことはないです。

しかし、仮に走行距離が短いとしても、定期的なメンテナンスを怠っていた車両はざらに有ります。

また、同じ走行距離の車両でも

  • 郊外をほどよく走っていた車両
  • ストップ&ゴーの多い地域で短距離走行を繰り返していた車両

では、車両に蓄積されたダメージが違います。

さらに言えばプリウスαはハイブリッドカーです。

極端な話をすれば、モーター走行している間はエンジンが止まっています。

そのため、エンジンへの負担という面でいえばメーターに表示されている走行距離はあまり当てにならないですよね。

何度も言いますが、低走行の車両に越したことはありません。

確かにそれは間違いのない事実です。

ただし極端な話をしてしまえば、

  • 7万km走行しているプリウスα
  • 10万キロkmしているプリウスα

の2つの車両で10万km走行しているプリウスαの方が状態が良いなんてこともあるんですよね。

スポンサーリンク

プリウスαの中古車の選び方 価格帯別の狙い目はどこ?

プリウスαの中古車相場は50〜350万円で、平均価格は約150万円です。

これだけ価格の開きがあり、中古車市場に多く流通しているとなると、正直どんな車両を選べば良いのかわからないですよね(汗)。

そこで、ここでは価格帯別のプリウスαの中古車の狙い目を解説していきましょう!

車体価格100万円以下

最初に紹介したとおり、プリウスαは販売期間が割と長めです。

それだけに100万円以下で購入できるプリウスαの中古車もそれなりに流通しているんですよね。

この価格帯は価格が安いという一方で、年式が古く過走行、修復歴の多いといったマイナス面が多いのが特徴です。

しかし、その一方でコスパの良い狙い目の車両、要するに掘り出し物も確かに存在します。

ここで狙い目としたいのが、

  • 走行距離が5〜7万km以下
  • 2013〜2014年式
  • 保証付き

の3条件です。

もちろん、これらの条件を全て満たした中古車というのは中々存在しません。

ですので、できるだけ多く満たしたプリウスαを狙う、ということになります。

また、価格が安いということから

  • ボディカラー
  • グレード
  • 装備

についてはある程度割り切る覚悟も必要な価格帯ではあります。

車体価格200万円以下

100万円以上200万円以下のプリウスαは、中古車市場で最も流通している価格帯です。

それだけに多少条件は限定されるものの、例えばグレードが低い車両であれば、2017年式で走行距離2万km前後という状態の良い車両を購入するなんてことも可能です!

この価格帯で拘りたいポイントが

  • 走行距離が2〜3万km以下
  • 2016〜2017年式
  • 保証付き
  • レンタカーや試乗車上がりの車両

です。

※こちらも100万以下の価格帯と同様に、「なるべき上の条件を満たす」車両が狙い目ということになります。

この価格帯になればグレードやボディカラー、装備などもある程度こだわることができますよ!

車体価格300万円以下

200万円以上300万円は、もう少し頑張れば新車が購入できる価格帯です。

それだけに状態の良いプリウスαの中古車が多いです。

この価格帯は

  • 上級グレード
  • 最新の年式
  • 走行距離が短い
  • 社外パーツを多数装着したカスタムカー

といったかなり条件が良いプリウスαの中古車(ほぼ新古車)を購入することが可能です。

ただし、それだけにこの価格帯は条件にかなりこだわるを持つべきです。

具体的には

  • 走行距離2万km以下
  • 2017〜2018年式
  • 保証付き・レンタカーや試乗車上がりの車両

の3つの条件をすべて満たす車両を狙ってみるべきでしょう!

まあ、この金額帯までくれば特に拘りがない限りはもうちょっと頑張ってプリウスαの新車を購入する、というのもアリでしょうかね。

まとめ:プリウスαの中古車はコスパが良く狙い目の車が多い

プリウスαは中古車市場では非常に人気のある車種です。

それだけに状態の良い狙い目の車両はどんどん売れていってしまうんですよね。

ですから、今回紹介した狙い目を参考にして、後悔をしないプリウスαの中古車選びをしましょう!

以上、プリウスαの中古車の選び方(狙い目)についてでした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

プリウスαが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

プリウスαが欲しい!!
こう思っている人って結構多いですよね。

でも、
「欲しいけど予算が…」
「値引き交渉が超面倒…」
「ディーラー一箇所で決めたい…」
「とにかく最安値でゲットしたい…」
「車種をじっくり見る時間がない…」
「ディーラーの売り込み超うざい…」
など、

プリウスαはハードル高すぎ…

と悩んでいる方は結構いませんか?

かといって、プリウスαのことを家族や友人に相談しても分かってくれません。

指定されるのは別の車・・・。

あなたは何度もこう思ったことがあるのではないでしょうか?

なんで誰も分かってくれないだよっ!!(怒)

そんなあなたに今回はオススメの裏ワザを紹介したいと思います!

下取りに一括査定サイトは鉄板です

まず最初にあなたに伝えておきたいことがあります。それは・・・

下取りは一括査定サイト!!

まずはこれに尽きます!

例えば、ディーラーに頼んで下取り金額が30万円となったとしましょう。

これを買取業者に頼むと、
何と80万円になる
こともあるんです。

さらに一括査定サイトを使うと、この下取り価格がさらに高くなります。

それは
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるから

です。

そうなると結果的にさらに値段が吊り上るというわけです!!