プリウスαの車中泊仕様を確認!エアコン対策で燃費以外にも!?
下取りに一括査定サイトは鉄板です

まず最初にあなたに伝えておきたいことがあります。それは・・・

下取りは一括査定サイト!!

まずはこれに尽きます!

例えば、ディーラーに頼んで下取り金額が30万円となったとしましょう。

これを買取業者に頼むと、
何と80万円になる
こともあるんです。

さらに一括査定サイトを使うと、この下取り価格がさらに高くなります。

それは
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるから

です。

そうなると結果的にさらに値段が吊り上るというわけです!!

「プリウスでありながら、プリウスとは全く違う存在感。」

トヨタ自動車の「プリウスα」はこんなキャッチフレーズで多くの方々に人気を博していますよね。

プリウスαの最大の売りはなんと言っても燃費の良さです。

例えば同系統の車型である本田技研工業のオデッセイと比べても約2倍の26.2㎞/ℓとずば抜けていますよね!

こうした燃費の良さから、プリウスαで遠出をしたい、と考えている方も多いかと思います。

そんな時に考えるのが
「宿泊費を抑えたい!
でも、プリウスαで車中泊は可能なの…?」
ということです。

そこで今回は、プリウスαでの車中泊の方法やその際の注意点を見ていきましょう。


スポンサーリンク

そもそも、プリウスαの仕様で車中泊は可能?

引用:https://toyota.jp/priusalpha

結論から言えば、プリウスαで車中泊をすることは「可能」です。

でもこれだけだと何の根拠があってプリウスαで車中泊が可能と言ってるのかわからないですよね(汗)。

そこでまずは車中泊が可能な根拠となるプリウスαの仕様について紹介します。

ここでは、

  • ラゲージスペースの広さ
  • 充実した車内外の設備

の2点に着目して見ました!

すると特にプリウスαの5人乗りは車中泊に抜群の仕様のようですね!

ラゲージスペースの広さ

5人乗り仕様ではラゲージスペースをフルラゲージモードで使用した場合、容量は1,070ℓとなります。

引用:https://toyota.jp/priusalpha

横幅は、最大で約158㎝、最小でも約99.5㎝です。

また、奥行きは通常時で約98.5㎝、フルラゲージモードですと約170㎝になります。

高さは約75㎝なのでやや圧迫感を受けるかもしれません、

でも大人が寝転ぶには十分なスペースが確保されているとも言えますよね!

充実した車内外の設備

「車内外の設備の充実性」といった意味でもプリウスαは車中泊に適していると言えます。

実は5人乗りのみのメーカーオプションですが、AC100V・1,500Wのアクセサリーコンセントを63,720円で装備することもできます。

引用:https://toyota.jp/priusalpha

※残念ながら7人乗りはアクセサリコンセントは対応していないようです…。
今後に期待したいところですね。

アクセサリコンセントはハイブリッドカー特有である大容量の電気エネルギーを活かした、停電などの災害時には非常に重宝する機能です。

でも当然車中泊のときにも非常に役に立ちます。

電源は家庭用と同じAC100Vとなっていますので、パソコンなどの家電用品や電動自動車などの充電機器に対応しています。

また、1,500Wまで対応していますので、ドライヤーやアイロン、電気ケトル、小型冷蔵庫を利用することができます。

これだけの家電用品が使えれば、かなり快適な車中泊を行うことができますよね!

また、プリウスαはバッテリーでエアコンが動く電動エアコンを採用しています。

引用:https://toyota.jp/priusalpha

そのため、エンジンをつけっぱなしにする必要がなく、ガソリン車と比較して静かな環境で眠ることができます。

さらに、プリウスαでは寒冷地仕様の装備をメーカーオプションによって23,760円で装備することができます。

具体的には

  • 耐チップテープ
  • 冷却水(LLC)
  • サブマフラー
  • フロントドアガラス
  • ウインドシールドデアイサー
  • リヤフォグランプ(右側のみ)
  • ヒーター付きドアミラー
  • フロントヒーター
  • リヤクォーターライナー

こちらがプリウスαの寒冷地仕様の装備です。

※ただし、グレードによって装備が一部異なります。

これだけのスペックや装備を備えているプリウスαであれば、車中泊は何ら問題なく行うことが可能なわけですね!

スポンサーリンク

プリウスαにおける車中泊ではアイドリングとエアコンに気をつけろ!

ここまで、プリウスαにおける車中泊の快適さをかなり示してきました。

しかし、いくらプリウスαにおける車中泊が快適とはいえ、気をつけなければいけない点があるんです。

ここではプリウスαで車中泊をする際に特に気を付けたいポイントを2つ紹介します。

アイドリング事故の危険性

まず挙げられるのが、「アイドリング」による事故の危険性です。

そもそも、自動車はガソリンを燃焼させてエンジンを回転させています。

通常は、ガソリンと酸素が反応して二酸化炭素を発生させています。

ただし、低速走行中やアイドリングを行っている際には不完全燃焼によって一酸化炭素が発生してしまうことがあります。

自動車のマフラーから排気される一酸化炭素が車内に充満すると、一酸化炭素中毒が起きやすくなります。

雪などで自動車の周囲が密閉されたり、風がないときに長時間アイドリングしたりすると車内に一酸化炭素が流れ込みます。

実は、自動車は気密性が低いので、外気が流れ込みやすい構造となっています。

そのため、ドアを閉めていても一酸化炭素中毒になる可能性があるわけです。

ですから、車中泊をする際には出来る限りエンジンを切るようにしてください。

プリウスαの場合は、バッテリーを用いた電動エアコンが装備されているので一見すると大丈夫に見えます。

しかし、充電が切れた際には充電のためにエンジンが始動してしまいますので、気を付けてください。

寒い夜には暖房をつけるのではなく、寝袋や毛布、湯たんぽといった防寒具を、暑い夜にはバッテリー式の扇風機や氷枕を用いることをオススメします。

過度なエアコンの使用による燃費の悪化

2つ目は、エアコンの使い過ぎによる燃費の悪化です。

プリウスαは、他の自動車と異なり、バッテリーの駆動によってエアコンを作動させています。

しかし、バッテリーの充電のためにはエンジンを駆動させる必要があります。

結果、エアコンを使えば使うほどガソリンを消費してしまいます。

実際に口コミでもありましたが、暖房を使用した場合は約10%、冷房を使用した場合は約5%ほど燃費が低下してしまうとされています。

<

h2>プリウスαの車中泊で燃費対策をしつつ快適に車中泊を送る3つのポイントとは?

ここまでで、プリウスαの車中泊でエアコンを使うことに対して

  • アイドリング事故の危険がある
  • 燃費が悪化する

という話をしました。

とはいえ、
車中泊をする際にエアコンを全く使わない
というのは正直厳しいですよね…。

では、実際にどう対策を取ればよいのでしょうか?

ここでは、燃費改善のポイントを3つ紹介します。

窓の開け閉めによる温度調節

まず紹介するのは、「窓の開け閉めで車内温度を調節する」という方法です。

春や秋といった穏やかな気候の季節には、エアコンを使用せず、暑いと思ったら窓を開け、寒いと思ったら窓を閉めるようにしましょう。

窓の開け閉めによって車内の温度を調節するだけでも、燃費はかなり良くなります。

低めの温度設定と送風の活用

次に紹介するのは、「低めの設定温度と送風の活用」です。

実は、エアコンの設定温度は高かろうと低かろうと、エネルギーを消費している状態なのは変わりません。

どちらにしてもバッテリーの動力でコンプレッサーを作動させていますからね。

ですので、エアコンは一番低い温度に設定し、ときどき送風のみに切り替えます。

実はこのほうが高い設定温度でつけっぱなしにしているよりも燃費を抑えることができるんですよね。

なるべく冷房を使わない

最後に紹介するのは、「なるべく冷房を使わない」です。

冷房の熱源は動力を利用してコンプレッサーを駆動させ、ガスを冷やして送風しています。

ですので、動かし続ける限り燃費は悪くなり続けます。

ですので、エアコンの中でもなるべく冷房を利用しないようにすることで、燃費の改善に繋がるわけです。

スポンサーリンク

プリウスαの車中泊燃費対策のまとめ

いかがだったでしょうか?

引用:https://toyota.jp/priusalpha/
確かにプリウスα自体は非常に車中泊に適している車のようですね。

しかし、一方で車中泊では

  • 一酸化炭素中毒などの危険性
  • エアコンの使用における燃費の悪化

といった問題点も存在しています。

今回紹介した対策をしっかりと行っていただくことで快適かつ安心・安全なプリウスαの車中泊をしてくださいね!

以上、プリウスαの車中泊の「エアコン」に関する注意点と対策についてでした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

プリウスαが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

プリウスαが欲しい!!
こう思っている人って結構多いですよね。

でも、
「欲しいけど予算が…」
「値引き交渉が超面倒…」
「ディーラー一箇所で決めたい…」
「とにかく最安値でゲットしたい…」
「車種をじっくり見る時間がない…」
「ディーラーの売り込み超うざい…」
など、

プリウスαはハードル高すぎ…

と悩んでいる方は結構いませんか?

かといって、プリウスαのことを家族や友人に相談しても分かってくれません。

指定されるのは別の車・・・。

あなたは何度もこう思ったことがあるのではないでしょうか?

なんで誰も分かってくれないだよっ!!(怒)

そんなあなたに今回はオススメの裏ワザを紹介したいと思います!

下取りに一括査定サイトは鉄板です

まず最初にあなたに伝えておきたいことがあります。それは・・・

下取りは一括査定サイト!!

まずはこれに尽きます!

例えば、ディーラーに頼んで下取り金額が30万円となったとしましょう。

これを買取業者に頼むと、
何と80万円になる
こともあるんです。

さらに一括査定サイトを使うと、この下取り価格がさらに高くなります。

それは
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるから

です。

そうなると結果的にさらに値段が吊り上るというわけです!!