下取りに一括査定サイトは鉄板です

まず最初にあなたに伝えておきたいことがあります。それは・・・

下取りは一括査定サイト!!

まずはこれに尽きます!

例えば、ディーラーに頼んで下取り金額が30万円となったとしましょう。

これを買取業者に頼むと、
何と80万円になる
こともあるんです。

さらに一括査定サイトを使うと、この下取り価格がさらに高くなります。

それは
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるから

です。

そうなると結果的にさらに値段が吊り上るというわけです!!

プリウスαは兄弟機のプリウスと比較しても、居住性が格段によくなっていてファミリーでも使用できる大きさですよね。

しかし、大抵車が大きくなればなるほど、燃費が悪くなってしまうものです。

そうなるとプリウスαも
燃費は名前負けしてるんじゃないの?
と言われてしまいそうですよね。

いえいえ、そんな事はありませんよ!

プリウスαはバンのような大きさや居住性の良さを兼ね備えつつ、燃費の良さを同時に実現することに成功した素晴らしい車なんです!!

そこで今回はプリウスαと他の人気車種で燃費について比較してみました!


スポンサーリンク

他の車種との比較の前にプリウスαの燃費を3つの観点で確認!

引用:https://toyota.jp/priusalpha

今回、プリウスαと他の車種を比較するにあたっては以下の3つの観点で確認しています。

  • 燃費
  • 排気量
  • 大きさ(全長×全幅×全高)

燃費の数値は高いのは当然注目すべきところですが、やはり車体が小さければ燃費がよいのは当然のことです。

やはり
「プリウスαは大きさの割に燃費がスゴイ!」
ということを証明するためには大きさと排気量も確認すべきでしょう!

さて、そんなわけでまずはトヨタ自動車の公式発表のプリウスαのデータを紹介します。

それがコチラです!

燃費 26.2km/l
排気量 1797cc
全長×全幅×全高 4630×1775×1575mm

「さすが!!」といいたくなるほどの値ですよね!

ミニバンのような大きさを確保しながら、この燃費の良さはかなり嬉しいですね。

燃費のいい車といえば

  • 車体が小さい
  • 排気量の少ないエンジンを使用している

というのが定番です。

ですので、
燃費が良いけど、全然馬力がたりない!
とか
燃費が良いけど、車内が狭くて全然快適じゃないよ~(泣)。
とか言ったことがよくあるんです。

しかし、プリウスαは車の性能の高さと燃費のよさがバランスよく実現されているというわけですね!

プリウスαの燃費の実測値は?

ただし、これは言ってみればカタログでの値です。

カタログ上の燃費と実際の燃費が全然違う
って結構ありますよね。

そうなると、
ああ。やっぱりカタログの燃費の数字は作られた数字なのね・・・。
とがっかりしてしまう原因にもなります。

しかし、安心してください。

実は、プリウスαは燃費の実測値も非常に評価が高いんです!

実際に口コミを紹介していきましょう!

やはり、さすがにカタログと全く同じ燃費を確保する、というのは正直難しいです。

しかしそれでも十分満足できる燃費を維持できているということですね!

スポンサーリンク

プリウスαの燃費を比較!対象の車種は?

ここまではプリウスα自身の燃費のお話です。

しかし、実際に他の車種と比べてどうなのかは非常に気になりますよね。

今回は、以下の基準に比較する車種をチョイスしてみました!

ハイブリッドカー

こちらについては兄弟機のプリウスは当然なのですが、その他にも

  • アクア
  • シエンタ

の2車種とも比較したいと思います。

特にシエンタについては、ミニバンタイプでもあるので、プリウスαにかなり近い条件ですよね!

ワゴンタイプ

こちらは同じくらいの大きさの車種で比較してみます。

具体的には

  • カローラフィールダー
  • シャトル(ホンダ)
  • ジェイド(ホンダ)

の3車種です。

ちなみにシャトルとジェイドはトヨタのライバル会社のホンダの車種です。

またジェイドはプリウスαと同様に優れたハイブリッドシステムを搭載しており、最近には新型の発表があったばかりですよね!

どの車種も大変人気がある車だけに燃費がやはり気になるところですよね。

それでは、早速プリウスαと他の車種との燃費を比較していきましょう!

スポンサーリンク

プリウスαと他のハイブリッドカー(プリウス、アクア、シエンタ)の燃費を比較した結果は?

それでは改めてまずはプリウスαと

  • プリウス
  • アクア
  • シエンタ

の3車種で燃費の比較をしてみましょう!

プリウス

引用:https://toyota.jp/prius/

プリウスといえば、

  • 世界初の量産ハイブリッド専用車
  • 燃費がいい
  • 圧倒的な静粛性

などの理由で発売から現在まで根強い人気を保ち続けてます。

一時期は年30万台の販売という素晴らしい数字をたたき出していますね。

現在でも、年18万台近く販売しており、不動の人気となっています。

そんなプリウスの燃費に関するデータがこちらです!

燃費 40.8km/l
排気量 1797cc
全長×全幅×全高 4540×1760×1470mm

…まあ、言うまでもなく圧倒的にプリウスのほうが燃費がかなりよいですね。

これはプリウスが極限的に低燃費を追求した車である反面、プリウスαは大型でありバンとして活用できる設計であるという点を考えれば致し方ないでしょうね。

逆に言えばプリウスαはそれだけバンとしての居住性の割に燃費の良さを実現していると考えたほうがよいでしょう。

アクア

引用:https://toyota.jp/aqua/

アクアはプリウスに並ぶ人気車です。

小型化に成功し、一時は世界で最も低燃費な車としても話題になりましたね!

特にご家庭で奥さんが運転する2台目としての車としてかなり人気が出ています。

さて、そんなアクアの燃費のデータがこちらです。

燃費 37.0km/l
排気量 1496cc
全長×全幅×全高 3995×1695×1455mm

アクアの燃費に関するデータは以下のようになります。

アクアはプリウスほどではないものの、燃費の良さを追求しているだけのことはあって圧倒的な燃費の良さをたたき出していますね!

ちなみにプリウスαに比べるとアクアが車体が小さく、しかも重量も300㎏以上も差があります。

そう考えればアクアがプリウスαより燃費がいいというのは当然といえば当然ですよね。

シエンタ

引用:https://toyota.jp/sienta

シエンタはデザイン性の高さもあり、若者を中心に数か月待ちになるほどの大人気車です。

ちなみにプリウスαと同様に7人乗りが可能のバンタイプ。

それでいて、燃費の良さを追求しているのがシエンタなんですよね!

さて、そんなシエンタの燃費のデータがこちらです!

燃費 27.2km/l
排気量 1496cc
全長×全幅×全高 4235×1695×1675mm

…とこれだけ見ると
「あれ、シエンタのほうが燃費よくない?」
と思いますよね。

確かに数字上だけ見ればシエンタのほうが燃費が良さそうです。

しかし、実際に運転をすると、シエンタよりプリウスαのほうが燃費がいいんです!

実はシエンタは、アクアと同じエンジンを積んでいます。

ただし、バンタイプのシエンタは、アクアと比較して数百kgも車両が重いです。

つまりシエンタは低燃費カーにありがちな「馬力が低い」という状態になっているわけです。

結果、走行しているとかえってプリウスαより燃費が悪いということになってしまいがちです。

参考までにプリウスαは1.8Lのエンジン+モーター、シエンタは1.5Lのエンジン+モーターを積んでいます。

ですので、プリウスαはシエンタに比べると上り坂や高速道路の条件でアクセルを余分にふかす必要がないので、結果燃費がよいということになるわけですね!

プリウスαと他のワゴンタイプ(カローラフィールダー、シャトル、ジェイド)の燃費を比較した結果は?

続いてプリウスαと他のワゴンタイプの燃費を比較してみましょう。

こちらは

  • カローラフィールダー
  • シャトル
  • ジェイド

の3車種でしたね!

カローラフィールダー

引用:https://toyota.jp/corollafielder

カローラフィールダーはトヨタの看板車「カローラ」の派生車です。

本家「カローラ」がセダンタイプの車であるのに対してカローラフィールダーはステーションワゴンタイプです。

さらにカローラフィールダーは燃費もよいと中々の評判です。

そんなカローラフィールダーの燃費のデータがこちらです!

燃費 23.4km/l
排気量 1496cc
全長×全幅×全高 4360×1695×1460mm

プリウスαはカローラフィールダーとエンジン、大きさは同じくらいであっても燃費が良いということが確認できましたね!

ホンダ・シャトル

引用:http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/

ホンダ・シャトルはベストセラーの車種フィットのシャーシーを利用しています。

そのデザイン性の高さが大人気ですよね。

そんなシャトルの燃費に関するデータがこちらです!

燃費 23.4km/l
全長×全幅×全高 4400×1695×1545mm

こちらもプリウスαの燃費のほうが良いことが確認できましたね!

ホンダ・ジェイド

引用:http://www.honda.co.jp/JADE/

ジェイドはホンダの目玉技術「ホンダセンシング」を搭載したハイブリッド車です。

小回りが利く造りでありつつも、室内環境も広く快適な運転が可能です。

そんなジェイドの燃費のデータがこちらです!

燃費 24.2m/l
排気量 1496cc
全長×全幅×全高 4650×1775×1550mm

かなり接戦ではあるものの、やはり若干ながらプリウスαの方が燃費がよいみたいですね!

まとめ:プリウスαは他の車と比較して燃費はよい?

以上の結果からプリウスαは他の車と比較しても、とても燃費がよい車ということが確認できましたね!

特に、同じような大きさくらいの他のワゴンタイプの車種と比較すると、圧倒的な燃費の良さです。

一方で、同じトヨタ車のプリウスやアクアといった燃費の良さを追求したハイブリッド車と比較すると、プリウスαの燃費は負けてしまっています。

しかし、プリウスαの居住空間の広さとを考慮すれば、十分健闘している燃費のよさとも言えます。

改めてプリウスαは居住性の良さ、ラゲージスペースの大きさと、燃費の良さという経済性のバランスが取れた車ということが確認できましたね!

以上、プリウスαと他の車種との燃費の比較でした。

最後までご覧いただきありがとうございました!

プリウスαが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

プリウスαが欲しい!!
こう思っている人って結構多いですよね。

でも、
「欲しいけど予算が…」
「値引き交渉が超面倒…」
「ディーラー一箇所で決めたい…」
「とにかく最安値でゲットしたい…」
「車種をじっくり見る時間がない…」
「ディーラーの売り込み超うざい…」
など、

プリウスαはハードル高すぎ…

と悩んでいる方は結構いませんか?

かといって、プリウスαのことを家族や友人に相談しても分かってくれません。

指定されるのは別の車・・・。

あなたは何度もこう思ったことがあるのではないでしょうか?

なんで誰も分かってくれないだよっ!!(怒)

そんなあなたに今回はオススメの裏ワザを紹介したいと思います!

下取りに一括査定サイトは鉄板です

まず最初にあなたに伝えておきたいことがあります。それは・・・

下取りは一括査定サイト!!

まずはこれに尽きます!

例えば、ディーラーに頼んで下取り金額が30万円となったとしましょう。

これを買取業者に頼むと、
何と80万円になる
こともあるんです。

さらに一括査定サイトを使うと、この下取り価格がさらに高くなります。

それは
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を競ってくれるから

です。

そうなると結果的にさらに値段が吊り上るというわけです!!